@hibicoto 小沢あやのはてなブログ

小沢あやのはてなブログ

20年来のハロヲタ女が突然「PRODUCE 101 JAPAN」沼に落ちたワケ #日プ

 f:id:achico_w:20191019162745p:plain

韓国で大人気のアイドルオーディション番組「PRODUCE 101」シリーズ。私は「IZ*ONE」を輩出した「PRODUCE 48」からハマった。現在、その日本版「PRODUCE 101 JAPAN」が放映中だ。

101人(※)の男性アイドル候補生の中から、最終的に11人がデビューする。「国民プロデューサー=視聴者」が毎日11人に投票し、その順位で競い合うのだ。(※辞退者が出たため、現在の候補者は97人)

これが相当面白い。私はもともと「オーディション番組」「ステージで輝くアイドルの裏側」に弱く、モーニング娘。を結成するきっかけとなった『ASAYAN』はもちろん、「宝塚音楽学校お受験ドキュメント」でも毎回朝からおんおん号泣する女である。優等生だけが選ばれるわけではなく、「まっすぐな気持ちで努力を継続した人」にスポットがあたるのもいい。

またボイストレーナーとしてハロプロでもおなじみの「菅井ちゃん」が出演中なのも最高。

 

毎日付与される「1人11票」が楽しむ鍵

現在は第二期に向けて投票休止中だが、期間中は毎日投票が可能で「1日11票」が付与される。もしひとり1票だったら、単なる人気投票になってしまうが、「11票」というのが鍵である。

なにせ、11人も投票先を探すのは結構迷うのだ。必ずしも「全員が推し」である必要はない。「センターに立って欲しいのはこの人」「こういうタイプがいるとステージが派手になる」「高長身の子を入れるなら、シンメで同じくらいの身長の子欲しいな」というバランスを加味したり、「この子は振る舞いがいいからどうにか応援してあげたい」などの情もわいてくる。11票の内訳は、毎日変動するのだ。

技術やビジュアルだけではない、候補生の魅力

たとえば、チームごとに課題曲の出来栄えを競う「ポジションバトル」回(第4回放映分)では、本田康祐さんがクローズアップされた。

ダンス未経験者ばかりで、クラス分け審査でF(落第点)クラスになったメンバーが6人中4人。そんな中で、経験者・リーダーとして憎まれ役に徹し、チームメンバーを厳しく指導した。

自分が振り付けを作るのだから、もっと自分だけおいしくすることもできただろうに、彼はそうしなかった。自分の練習時間を削って指導にあたったうえに、他のメンバー全員に見せ場がある振り付けを構成し、肝心の自分のソロパートもつくらず「みんなのために」ステージをつくり、結果として、チームを勝利に導いた。

ピンク色の髪の毛が本田さんだ。多くの視聴者の感動を集め、放映後は「本田くん」がTwitterトレンド入り。番組スタート時には47位、現在も33位だが、彼は今後大きく順位を上げるだろう。

情報の出し方、煽り方が上手い運営

PRODUCEシリーズの一番の強みは、運営の情報の出し方がうまいこと。視聴者との接点を週1日の放送にとどめるのではなく、毎日なんだかんだアクセスさせてくるのだ。

現在、「PRODUCE 101 JAPAN」は毎週木曜日21時からGYAOにて本編が更新される。その後、アーカイブ化されるのだが、それとは別に、YouTubeSNSで見所を切り出した動画や、未公開シーンや別視点映像が随時更新されている。

「PRODUCE 101 JAPAN」は毎週の放映時間がそこそこ長く(終了時刻が毎回未定、約3時間やった週もある)、「全部観て!」といきなり進めるのにはハードルが高い。

「PRODUCE 101 JAPAN面白いよ!」「ここだけ見て!」「これ、私の推し!」と、友達にシェアしやすく、情報拡散が容易にできるのだ。また、各ツール毎にアップされる映像も違う。GYAOでは本編、YouTubeはパフォーマンス切り出し、公式Instagramのストーリー機能で「候補生の私服紹介」企画……全部追いながら友人らと感想戦を繰り広げているうちに、あっという間にまた木曜日(本放送日)がやってくる。

ちなみに、利用OKの「候補生のプロフィール写真」や「番組ロゴ」が用意されているのもポイントが高い。このブログも、その素材を利用して書いている。

小沢が夢中になっている11人の候補生は?

ここで10月19日現在、私が夢中になっている候補生を紹介したい。前述の通り、放映回の尺によって投票先は変わる可能性もあるし、完全主観評である点をご容赦いただきたい。

1.瀧澤翼さん(元子役 / 最年少16歳)

子役経験を持つ、しっかりものの16歳。プロフィール二度見して「若過ぎて推しづらい……」と困惑したが、たまに見せる色気のある表情でやられてしまった。『Let's天才てれびくんてれび戦士としてEテレレギュラー経験あり。

K-POPグループには「マンネ=末っ子」キャラがいる。最年少なので余裕かと思いきや、若者感やバブみがあんまりなく、しっかりし過ぎているため苦戦しそう。ここまで見せ場もなく、運営的にもあんまりなのかな……と思っていたが、「グループバトル」でやっとスポットライトが! ダンスポジション志望なのにボーカル曲に当たってしまい苦戦するも、気持ちをポジティブに切り替え大健闘。現在31位。

2.川尻蓮さん

最初の課題曲で堂々とセンターで踊っていた人。「PRODUCE 101 JAPANは、川尻蓮さんの物語なのではないか?」と思えるくらいのキャラクター。圧倒的センターオーラで「オレ」感がすごいが、喋ると控えめで落ち着いており、一人称が「僕」なのもいい。推しとか推しじゃないとかじゃなくて、絶対にセンターは川尻さんがいい。投票結果が立ち位置に連動するので、確実に1位で着地して欲しい。毎日投票している。優等生故にプレッシャーも大きそうなのだが、前述の本田康祐さんにだけは甘えて頼る姿勢を見せており、そこがグッとくる。

3.キム・ヒチョンさん

「HALO」としてデビューも経験していて、再デビューにかける韓国組。手足が長く、ステージ映えするオーラが凄まじい。ビジュアルがとにかく良いのだが、ウインクが致命的に下手なのも可愛い。本来は穏やかなキャラクターだが、とあるメンバーが練習に1時間半遅刻したときに、年長者としてきちんと意見して叱ったのもポイントが高かった。サムネ左から2番目の金髪がキム・ヒチョンさん。

スタイリングでイメージ変わりますね。

4.キム・ユンドンさん

同じく「HALO」からの再挑戦組。ヒチョンさんを一人にしたくないのでシンメに立って欲しいという思いから、毎回セットで投票している。パフォーマンスもバランスがとれていて、組織のバウンサーとして欲しいタイプのキャラクターでもある。

5.川西拓実さん

会社を辞めて挑戦した、ダンスも歌もレッスンは未経験という20歳。よく今まで一般人やってましたね?! と、不思議になるくらい華がある。超アイドル。そして見た目に反して声がめちゃめちゃ低くてギャップがやばい。

「ポジションバトル」では歌い出しパートを担当。表情がめちゃめちゃに良い……。

6.豆原一成さん

岡山県出身17歳、現在人気1位。ダンス少年って感じのフレッシュさ。番組内で、田舎道をママチャリで走ってる学ラン姿で、何人が射抜かれたんだろうか。こういう子が入ってくるのが一般オーディションの魅力。最初のランク分け審査で三浦大知の楽曲を選んだのもよかった。

この動画に出てくる自宅映像、THE 学習机!(もちろん机の上には教科書が散らかっている)も、なんか変な感情が湧いてきてしまった。川尻さん川西さん豆原さんまではデビュー確実な気がしています。

7.青木 聖波さん

ステージの華として、ブレイカーは絶対に欲しい! あと、ぱっと見いかついんだけど、赤ちゃんみたいな笑顔が可愛い。シーブリーズの香りを漂わせていて欲しい。エナメル素材の巨大な斜めがけバッグが似合うアイドル、NO1では?

忍者か? ってくらいぐるんぐるん回ってて本当にかっこよかった。この動画50回くらい観てる。最初の課題曲では苦戦していたけれど、ブレイクダンスやアクロバット曲はハマっていてめちゃめちゃにかっこいい。

8.草地 稜之さん

歌もダンスも未経験で、とても控えめな性格。「なぜあなたアイドルオーディションに?!」と思ってしまうけれど、日テレの男性アナウンサーっぽい爽やかさ。最終順位11位以内に食い込むのは現状厳しそうだけど、最後まで爪痕残して、ぜひキー局のアナウンサーになってくれないでしょうか……。あと元Juice=Juiceリーダーの、宮崎由加さんにお顔がそっくりなんですよ。気がつけば目が追ってる。ダンス未経験のFクラスながら、「グループバトル」では本田さんの指導に素直にくらいつき、堂々としたダンスを披露した。

9.本田 康祐さん

先ほど紹介した本田さん。魅力は語った通り。全方向から人望集める、部長タイプ。チームには絶対にこういう人が必要。気を張りがちな川尻さんが唯一「頼ってる」男というのもポイントが高い。川尻さんはデビュー確定組(のはず)なので、川尻さんの支えとしても絶対に11位以内に入って欲しい人材。もちろん、本人のダンスのセンスも素晴らしい。みんなは川尻さんのことを「蓮くん」と呼ぶが、本田さんだけ「蓮!」と呼び捨てなのも最高にいい。

10.今西 正彦さん

圧倒的なキャラクター。なんかくねくねしてるし、個性強過ぎてアクにならないか? 浮かないか? とハラハラしながら見ていたけれども、「誰とでもうまくやれるタイプ」と宣言通り、候補生たちからも人気者。ダンスは圧倒的技術だし、「気がつけば目で追っている」タイプ。この人はきっとグループ内での立ち位置関係ないし、強みは誰ともキャラが被らないこと。「かわいいキャラ(バブ枠)」とか「高身長枠」とかあると思うけど、彼は「ヒコちゃん」なんです。寝起きドッキリ回でも「パジャマ」着てたのが可愛かった。

11.決めきれない……。

はい。11人毎日投票してるけど、無理です! 決められません! というわけで、毎回変動してます。

お笑いキャラに徹するのかと思っていた男澤さんの歌声も気になるし。「態度がよろしくないです」とトレーナーに指摘されてしまった鶴房さんも、気持ちを言葉にするのが苦手なだけで、素直ないい子だなって思えてきたし。キュートなみんなの弟分、宮島さんも本当に可愛らしくて華があるし……。

まあとにかく、全員それぞれ魅力があるし、97人もいたら誰かは刺さる仕組みになっているので、みんな観て!!! すぐ観て!!! 無料だから!!!

現場からは以上です。

子どもの体調がおかしいけど、台風で病院に行けない…。救急車を呼ぶべきか迷ったら #7119 電話相談を!

f:id:achico_w:20191012164418j:plain

タイトルがすべてです。

この天気なので、救急病院に連れて行くのも困難でしょう。家族が嘔吐したり、高熱を出して「救急車を呼ぶべき?」と迷ったら、#7119 の電話相談を。救急隊経験者や看護師によるアドバイスが聞けます。24時間対応。

 

我が家も先日利用したばかりです。「前のものを目で追えますか?」「お腹が異常にふくらんでいないですか?」とか、順を追って優しく話してくれました。

子どもに特化した相談電話窓口 #8000 もあります。こちらは24時間対応ではありませんが、地域の窓口に繋いでくれます。

#8000
https://www.mhlw.go.jp/topics/2006/10/tp1010-3.html

とにかくなにかあったら「#7119」! 覚えておくと便利です。
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/lfe/kyuu-adv/soudan-center.htm

歯みがき専用デジタルガジェット「Possi(ポッシ)」で、歯みがき嫌いの1歳児が自主的にシャカシャカ!

PR:京セラ株式会社

イヤイヤ期に差し掛かった1歳児にてこずっています

はてなブログのみなさま、お久しぶりです。もうすぐ2歳になる我が家の子ども、絶賛イヤイヤ期にさしかかっておりまして、ご無沙汰しておりました。

 

ずっと衝動的に床にねっ転がって「俺の要求を受け入れないならここを動かねぇ!!」みたいな態度をとることが増えまして、日々手を妬いております。少し前までおっとりしたおとなしい子だったのになあ。イヤイヤ期って、実在したんですねえ。

 

中でも日々格闘しているのが、歯磨きの時間。歯ブラシを目にしただけで、寝っ転がって抗議します。こんな感じ……。

 これはどうしたものかね、と悩んでいたところに、楽しく歯磨きができる「Possi」の試作機をお借りする機会をいただいたので、使ってみました。

 

音楽を聴きながら楽しく歯磨き「Possi(ポッシ)」

「Possi(ポッシ)」は、京セラとライオンが共同開発した、歯磨き専用のデジタルガジェット。歯ブラシの振動による骨伝導で、歯を磨いている間だけ音楽が聴こえる仕組みです。なにやらハイテク!

 

 

3色展開ですが、お借りしたのはシンプルなホワイト卵のようなまるっとしたフォルムが可愛らしいデザイン。親が持って歯みがきするときに、力が入り過ぎず、かつ子どもが歯ブラシを怖がらないように、やさしいカタチで設計されているのだそう。

f:id:achico_w:20190811190938j:plain

通常の歯ブラシとサイズ比較すると、こんな感じ。「こちらは試作器なので、量産品と比べて若干大きく、デザインが異なります」とのこと。まるっとしたボタンは、歯磨き中に子どもが歯ブラシを噛んだときに押すと、音楽が止まる仕組みです。

 

f:id:achico_w:20190811190929j:plain

 起動するには、単5電池2本が必要。1回2分、1日2回使用したとして、約1ヶ月楽しめるそうです。毎日の充電式だと「使いたいときに電池切れ!」なんてこともあるだろうし、電池式のほうがいいですね。製品版にはサンプル電池が1セット入っています。単5電池って初めて見ました。子どもでも持ちやすいよう、軽量化した結果なんだそう。コンビニなどではあまり売っていないので、買い置きを用意しておくといいかも。

 

スマホに繋いで使うんですが、独自アプリへの連携ではなく、NetflixYouTubeなど好きな動画アプリで楽しめるんです。これ、いいですね。月齢によって、子どもってどんどん好きなもの変わるので、コンテンツに縛られないのがいいです。対象年齢は1〜5歳。うちの子は1歳11カ月なので、ぴったり。

それでは、「Possi(ポッシ)」をお試し!

 骨伝導で、歯ブラシを当てた人にだけ音が聴こえるようになっているので、動画では伝わりにくいんですが、わかりますか?! 口の中に歯ブラシを入れても、嫌がらずに受け入れています。

 歯磨きをしている間しか音楽が聴こえないので、動画を楽しみたかったら歯ブラシを受け入れるしかないという仕組み。ちなみに、再生しているのは子ども用のYouTubeチャンネル「Baby Bus」の「ドーナツの歌」です。ここ数ヶ月、ずっとお気に入り。


驚いたのは仕上げ磨きが終わったあとも、歯磨き嫌いの1歳児が、自主的に歯ブラシを口に入れて小刻みにシャカシャカしていたこと。そんなに気に入ったのか……!

 「口の中に異物が入る」ことを徹底的に嫌がっていたはずなのに、すっかり慣れたようです。結局、この日は5分くらい「Possi」でシャカシャカしていました。

f:id:achico_w:20190811191315j:plain

そしてなんと、歯磨き終了後も「やだやだ、まだ歯磨きする〜〜!!!」と、「Possi」を欲しがるようになりました。よっぽど楽しかったんですね。

 

まとめ

使ってみてよかったのは、なんといっても「自主的に歯磨きをしたくなる習慣ができそう」なこと。「Possi」は電動歯ブラシではないんですが、骨伝導の細かな振動が心地いいのかな? 本人もうれしそうです。夕食後やお風呂上がりに「ピーポー(救急車の動画)みる!」と主張されたときも「じゃあ歯磨きする?」と誘導できます。

 

軽く、パーツも少ないので、お盆の旅行や里帰りにも持っていけるのも魅力ですね。

 

ソニーのクラウドファンディングサイト「First Flight」にて、9月3日まで支援募集中。歯磨き嫌いが気になる人は、ぜひチェックしてみてください。

Possi(ポッシ) | First Flight

 

【注意喚起】1歳児に外側からチャイルドロックをかけられて、トイレに閉じ込められた話

f:id:achico_w:20190729233111j:plain

今あった恐ろしい話をします。トイレに入ったら、子どもが外側のドアから写真タイプのチャイルドロックをかけてしまい、完全に閉じ込められました

内側からドアノブをがちゃがちゃし、力づくでチャイルドロック自体を破壊したので出られましたが、死ぬかと思いました。注意喚起のため、noteにまとめます。

22時頃事件発生

子どもがうとうとしている間にトイレに入りました。すると、私を追いかけてきた子どもがドアの外でなにかガチャガチャやっています。「追いかけてきたのかー、かわいいな〜」くらいに思い、急いで外に出て行こうとすると、ドアが開かない……! なんと、子どもが器用にチャイルドロックをかけてしまったんです。

チャイルドロックをかけられたということは、解除もできるのでは?」としばらく呼びかけてみましたが、1歳児にはやはり無理でした。あ、これ本当に閉じ込められた! と焦りました。

当時の状況

トイレだからスマホも持っておらず、「おとなりさーーーん!!! 助けてくださいーーー!!! トイレに閉じ込められましたーーー!!!」全力で叫び続けましたが、真夏日でクーラーをつけていたため、窓全部しめていたからか、おとなりさんにも聞こえていないようです……。

緊急呼び出しボタン(介護用? マンションについている)があることに気が付いて押してみたけれど、22時なので管理人さん不在。ボタンを押したせいで家中に警報音が鳴り響き、また普段大声を出さない私が全力で叫び続けたせいか、ドアの向こうの子どもが完全にパニックになり号泣しています。

トイレで閉じ込められて熱中症で死亡してしまった方の事例も思い出し、本当に焦りました。手洗い場がついているタイプのトイレなので、水はある。私はなんとかなりますが、助けがいつくるかわからないし、外にいる子どもが脱水症状で死んじゃったらどうしよう……。ドアごと破壊できないか? と考えて全力で体当たりしたり、蹴り飛ばしたりしてみましたが、ドアはびくともせず。

どうやって脱出したのか

冷静になって、全力でドアノブガチャガチャ上下にやっていたらチャイルドロックは5分ほどでバリン! と折れました。「最悪閉じ込められても内側から破壊できる」が、計算された強度設計だとしたらすごいなー。ありがとう、商品開発の人!

プラスチック部分が折れました。ちなみに、こちらの商品です。

 

 

我が家における今後の運用改善

トイレなど水が少しでもある場所は危険と聞いて、子どもが歩き出してから1年ほど愛用していましたが、今日から「トイレであってもスマホを持ち込む」「トイレ中はドアをあけっぱなしにする」運用にします。

普段なら「数時間で夫帰ってくるし大丈夫か〜」と思えるけれど彼は1週間帰ってこないし、明日は午前中から2本取材があって、「私ついに取材を連絡なしブッチすることになるの?!」って思って本当に社会的にも肉体的にも死ぬかと思いました。

これを読んだ方に注意して欲しいこと

育児中の方、気をつけてください。同じタイプのチャイルドロックを使っていて閉じ込められてしまった場合、まずは冷静に。「ドアノブを思いっきり上下にガンガンやり続けて、プラスチック部分を破壊する」作戦を試してみてください。それでもダメなら、助けを呼ぶ方向で。

また、廊下に通販のダンボールが積み上がってるとか、全身鏡を立てかけている人も要注意です。1歳児にもなると、重いものであっても平気でバーンと倒したりします。ドアが開かなくなることもあるので、導線を意識しましょう。災害時に閉じ込められる可能性があるのでね。

 

1行日記

incidentが起きたとき、「経緯」「対応ログ」「今後の運用方法」をすぐまとめるのちょっとエンジニア仕草っぽくない?  「ブログにいつか書こう」と思うと永遠に書ける気がしないけど、作業だと思うと10分でできるな〜!

 

現場からは以上です。

つんく♂式ドローン話法のすごさと、若者の政治への関心と。

7月21日(日)は第25回参議院議員通常選挙の投票日ですね。選挙前になると、モーニング娘。ザ☆ピ〜ス!』の「選挙の日ってウチじゃなぜか 投票行って外食するんだ」のフレーズが注目されますよね。今年は市井紗耶香さんの出馬もあって、TVでもいっぱい流れてる。でも、他にも素敵な楽曲があるんですよ。今こそぜひ聴いて欲しい曲を紹介します。

モーニング娘。この地球の平和を本気で願ってるんだよ!』 

 

まずは歌い出しから歌詞を追ってみましょう。

「試験勉強してても『昨日寝ちゃった』と言っちゃおう」「影で努力してても何食わぬ顔で生きちゃおう」

 うんうん、わかる。わかるよ。懐かしいな、この気持ち。このやりとり、大学で死ぬほどあったな。みんな努力隠しがち。やばいやばい言いがち。でも、勉強するのがダサい認定されたり「何頑張っちゃってるの?」なんて言われるの、おかしいよね。で、次のフレーズがこれです。

「この地球の平和を 本気で願ってる」 

どうした?! 急に話飛んだね?! スケールでかいね?! ドローン、教室からグィイイイーーーンって大気圏外まで一気に飛んだけど操縦大丈夫?! ってなりますよね。

半径5mの世界と地球をいったりきたりするつんく♂式ドローン話法

つんく♂さんの歌詞は、唐突に「地球」というパワーワードが出てきます。それまでは普通の10代の女の子の生活を描いていたのに、急に話が飛躍する。その逆もある。「私」を中心とした「半径5mの世界」と「地球」、なんなら「宇宙」をいったりきたりする。これを私は勝手につんく♂式ドローン話法と呼んでいます。彼の作品において、多用されている手法です。

 

「青春の1ページって、地球の歴史からすると、どれくらいなんだろう? あー、愛しいあの人、お昼ごはん、なに食べたんだろう?」(モーニング娘。ザ☆ピ〜ス!』より)

 

「宇宙のどこにも見当たらないような 約束の口づけを原宿でしよう」(モーニング娘。『Do it! Now』より)

 

「でっかいでっかい宇宙にある まーるいまーるい地球で ちっちゃなちっちゃな思いやりが でっかなでっかな愛となる」(モーニング娘。『でっかい宇宙に愛がある』より)

 

これは編集者としても参考になるテクニック。まずは自分ごとから始めて、社会への問題提起へと繋げていく。その逆も然りです。大きなトピックから、読者の生活に落とし込む。WEBのニュース記事でも多く見られる構文ですよね。

 

さて、『この地球の平和を本気で願ってるんだよ!』に話を戻しましょう。

「ガキ扱いNo Thank You  私の人生 誰かがどして 邪魔をするのよ」「さあ行け未来は渡さない 愛の力愛の叫び」「さあ行け 心は変えられる 夢を抱け 諦めるな」

いいフレーズだなー。選挙前に聴いています。どこにでもいる普通の女の子も、地球の一員で、すべてはゆるやかに繋がってる。これをさらっと伝えられるの、すごい。それも全然押し付けがましくないし、どれもポジティブにまとまっています。

 

つんく♂さんは、「どこにでもいる普通の女の子」の描写を通して、地球平和へのメッセージをさらっと発信しています。芸能人が政治色の強い発言をしたら叩かれてしまうようなこの日本で、モーニング娘。は2001年から「選挙の日ってウチじゃなぜか 投票行って外食するんだ」と歌い続けている。Twitter上でも、つぶやいている人多いですよね。「選挙」「投票」を、J-POPを通してお茶の間に届けた。これはすごいことです。

自分の生活第一でいいから、ちょっと視座を変えてみる

モーニング娘。この地球の平和を本気で願ってるんだよ!』は「何気なく教室で友達とのんびり雑談する半径5mの世界は、日本・地球・宇宙と続いているんだよな〜」という大切かつあたりまえのことを再確認させてくれます。戦争起きたら学校どころじゃないですしね。

 

まずは、自分主義でいい。みんなが社会貢献とか考えて最初から動いてるわけじゃないし、常に政治のこと考えて、毎日ニュース読まなくてもいい。そりゃ考えたほうがいいし、読んで欲しいけど、「本気で考えている人だけ参加してください!」っていう競技じゃないからね、選挙ってのは。都合がいいときだけ、ワーッと集まってくれたらそれでいいんじゃないかな。世界に羽ばたかなくても、グローバル人材にならなくても、まずはそれぞれが今いる場所を大切にしたらいい。ただ、ちょっと視座を変えることが大事。心のドローンをビューンと上空に飛ばしてみませんか。知識がなくても「日本の未来が明るくなったらうれしいな〜」って気持ちがちょっとでもあればいいし、最悪なくてもいい。

 

選挙が近づくたびに、若年層の投票率の低さが毎回報じられます。総務省の調査によると、平成28年7月に行われた第24回参議院議員通常選挙投票率は、10代が46.78%、20代が35.60%、30代が44.24%。全年代を通じた投票率は54.70%ですから、やっぱり低い。

 

じゃあ私が学生の頃は投票してたの? というと……恥ずかしながら、毎回投票に行くようになったのは、社会人になってからです。身の回りで、政治の話を本気でしている人はあんまりいなかった。「えっ、やたら投票すすめてくるとか宗教の人? 怖い……」という感覚も正直ありました。でも、一人暮らしをしている学生だと、住民票が実家のままでそもそも投票できない! とか、いろいろ面倒なこともあるし、投票に行かない若者を責めることはできません。

 

一児の母になった今は、子育てやセーフティーネットに関する政策に興味津々です。でも、政策が実現するまで結構時間かかる。自分が当事者になってから投票したんじゃ、遅いんですよね。自分が考えるちょっと先の未来をどうしたい? それぞれ考えながら、みんな今週末は投票行って外食しよう。 

この地球の平和を本気で願ってるんだよ!(初回生産限定盤A)(DVD付)

 

告知:最近のお仕事(ハロプロ関連)

モーニング娘。OG、飯窪春菜さんのロングインタビューを企画執筆しました。

 

モーニング娘。と私の20年、そしてある女との出会いについて、エッセイを書きました。

はてなブログで投票行って外食し放題はじまったぞ!!!

はてなブログJASRAC管理楽曲の歌詞の掲載が可能になりました

こんなに音楽ファンやアイドルおたくを抱えているサービスなのに、いつJASRAC包括契約してくれるのはてなさん……もったいない……って、ずーっと待ち遠しかったです。

 

私は20年来のハロプロファンで、最近よく「ハロプロのおすすめ曲教えて!」と聞かれるように。ハロプロの歌詞について言及できる場所を探していて、今年の七夕には「はてなブログJASRACと契約してくれますように」って書きそうになったね。でも、なんと7月1日の時点で発表されてたね……。これで投票行って外食し放題です! ピースピース! 超超超超いい感じ!

 

 

先に包括契約していたブログサービスはアメブロ楽天Yahoo!とかなんだけど、どこも長文と相性がよくないんですよね。livedoorブログのアカウントを立ち上げようかな? と迷ってたんですが、待っていた甲斐がありました。はてなさんありがとう。さすがハロヲタの本拠地。ありがとう中の人たち 。JASRACの公式サイトに「はてなブログ」の記載がまだなかったから、Twitterフォロワーさんから教えてもらうまで、まったく気がつかなかったです。

 

これで最近移行していたnoteとの使い分けが明確になったので、また戻って来ようと思います。noteアカウントはこちらです。結構ハイペースで更新してます。

 

  

最近のお仕事一部告知

Dybe!にエッセイを寄稿しました。

 

モーニング娘。OGで10期メンバーの飯窪春菜さんインタビューを企画・執筆しました。

 

来週はリアルでも投票行って外食するぞー!

ザ☆ピ?ス!

 今年は市井さんの出馬もあって、TVで死ぬほど流れるんだろうな。ピース!

小沢あや 2019年4月のお仕事まとめ

平成最後の仕事まとめリンク集(クレジットが出ているもののみ)です。

 

SUUMOタウン

Negicco Kaedeさんのインタビューを企画執筆しました。

 

DRESS

ファッションに関するエッセイを寄稿しました。

 

R25

 AKB48宮崎美穂さんのインタビューを企画執筆しました。

 

Dybe!

有村藍里さんのインタビューを取材執筆しました。

 

 姉ageha編集長のインタビューを企画執筆しました。

 

 藤原麻里菜さんのインタビューを企画執筆しました。

 

ひらりささんのコラムを企画編集しました。

 

ヒラギノ游ゴさんのコラムを企画編集しました。

 

ハフポスト日本版

プラン・インターナショナル様の広告記事を企画執筆しました。

 

Amazon様の広告記事にて、お笑い評論家ラリー遠田さん、マイナビニュースの中島優さんと、平成のお笑いシーンを振り返る鼎談に参加しました。