TOKYO 3H

小沢あやのブログ

今年もフジロックに行かせてくれる会社には足を向けて眠れない

f:id:achico_w:20160701203429j:plain


20160701

7月になったことだし、久々に日記を書くことにした。原稿も書かなくちゃいけないけれど、助走をつけるために。お金にならないことを、ぼーっと綴ってみるのもいいことなのかもしれない。

 

「ぷつりと糸が切れ、突然フジロックに通しで行くことに決めました。完全に勢いなので、宿探しはこれからです。1人だけど、現地行けば友達いっぱいいるしなんとかなるでしょう。きっちり休むことができ、且つ10万レベルの出費にも動じない程度にはお賃金をいただいていますので(これくらいは見栄はっていいでしょ!)、会社には足を向けて眠れません。ありがとうホワイト企業。苗場から見た会社の方角とかいまいちよくわかんないけど、宿がなかったらそもそも本当に眠れないかもしれません」

 

……と、そんなことをfacebookに書いてみたら、7分後には知人のおかげで4泊分の宿が確保出来た。凄い。私は結構な面倒臭がりなので「旅に出たい」と言いながらも、なかなか予定を立てられないことが多いのだけれど、決定事項となってしまえば自然に動けるものなのだな、と思った。

 

そんなこんなで、本日11時にフジのタイムテーブルが発表された。ゆっくりチェックしたいので、珍しく昼休みをずらして取って眺めた(そもそも、ヘッドライナー以外は誰が来るんだかいまいちわからないまま休暇とチケットをとってしまったのだ)。観たいアーティストの出演時間が被ってしまったが、ここは海外のバンドを優先したい。元々洋楽には明るくないのだけれど「チケット代の元を取りたい」という、貧乏症故だ。じっくり予習をしてから苗場に挑もうと思う。

 

今年も去年と同様、前夜祭と移動日を加味して木〜月で休むことにした。手帳を広げながら、「同じ部署にフジロックに行くタイプの人がいなくて良かったなあ」と、卑しいことを思ってしまって反省したりもした(休みが被ることを考えると、もし「大丈夫だよ」って言ってもらえても、気を遣うし)。もし来年の今頃、フジロックに足を運ぶようなタイプの方が入社してきたら、笑顔で迎えられるようにしたい。そんなこんなで、「来年はどうなるかわからないから、今年で最後」っていう覚悟で、全力で楽しもう。イエーイ。

 

今週のお仕事告知

ウートピにて、新連載(対談)『女子会やめた。』が始まりました。 初回の対談相手は、占い師のアイビー茜さん。キャリアや恋愛、SNSの活用方法について語っています。

 

こちらもウートピで連載している『アイドル女塾』の第4回。AKB48グループ、唯一の昭和世代、こじはること小嶋陽菜さんについてのコラムです。

 

こちらもウートピ。以前小柄な男性から反響をいただいたブログ記事を再編集したものです。「絶対背が高い人がいい〜」って話す女性は、多数存在します。最終的に恋愛の基準を決めるのは自分自身ですが、パサっと切り捨ててしまうなんて勿体ない。たまにはハイヒールを脱ぎ捨てて、カチカチになったふくらはぎと一緒に、考え方もほぐしてみませんか、ということを言いたかったけどちょっと偉そうかな……と反省しています。ワー!