TOKYO 3H

小沢あやのブログ

恐怖の書き初め

f:id:achico_w:20160102171435j:plain

1月2日は書き初めの日

あけましておめでとうございます。2016年もよろしくお願いいたします。さて、本日は書き初めの日です。年が明けて初めて毛筆で書や絵をかく行事。そんな日に、毎年思い出してしまう女性がいます。

 

毎年歴代元彼(と、肉体関係を持った男)の名を書き連ねる女

毎年漢字で丁寧に、これまで肉体関係を持った男性の名を毛筆で書くんだそうです。フルネームで。怖い。超怖い。たとえば過去にユウスケという人との色恋沙汰があったとして「そういえばユウスケのユウの字って祐だったっけ裕だったっけ」とか頭の中でゆっくり思い出しながら「やばい、やっぱり思い出せない」ってなって、「名前もわからない人間と寝てしまった……」と反省したり、長く付き合って結婚目前で別れた男性の苗字を書きながら「これ、私の名前になるはずだったんだよなあ」なんてメソメソして泣いたりして、結局は「よーし! 今年は無駄打ちしないぞーッ!」って、毎年気持ちを新たにして突き進むんだそうです。怖い。今年もあの人は筆を握っているのだろうか……なんて、ふと思い出してしまいます。

最近のお仕事と推し事

mini(ミニ) 2016年 02 月号 [雑誌]

mini(ミニ) 2016年 02 月号 [雑誌]

 

 28歳にして何故かminiデビュー。自宅のインテリア掲載されております。若い子の一人暮らしデビューの参考になったら嬉しいな。やんごとなき事情で6年以上住んだ池袋から引っ越し。やっとインテリアもまとまってきました。2016年は本当に好きなものだけで部屋を満たしたいと思います。

 

ご依頼いただき、ウートピに寄稿いたしました。友だちのSNSにイライラする人が7割もいることに動揺しました。てっきり「悪気なく旅行中のスッピン写真をタグ付けしてくる」とか「コメント欄で懐かしいトークと見せかけて黒歴史を暴露してくる」とか、そういう回答を期待してしまっていたのですが……うーん、それFacebook関係ないのでは? もう投稿というより、その人自体が、嫌いなのでは? そもそも、友だち? と思ってしまいました。そんな感じで、思ったことを綴っております。

 

〝武藤彩未最後の勇姿〟残された時間を噛み締めたLIVE 

武藤彩未が歩み出した〝新しい一歩〟。12.23ラストライブレポート

エンタメNEXTに寄稿いたしました。お仕事でも推し事でも追いかけていた、武藤彩未さんの活動休止前ラストライブ取材。何度かさせていただいたインタビューでも、ハツラツとお話をしてくださり、カットする場所がなくて文字数の編集に困ってしまうほどでした(結局本誌だけでは使いきれなかった部分をWEBでも3回連載で掲載)。「もしかしたら武藤彩未さんは魔法使いの国のお姫様で、修行の一環として人間界に来ていたのでは? 一度王国に戻り、王位を継承してパワーアップして戻ってくるのでは?」という超気持ち悪い幻想を抱いてしまうほどに、素晴らしいライブ。どんな曲もいろんな顔を使い分けて、演じきる。「必ず戻ってきます!」と力強く話してくださったので、私もその時まで武藤さんについて言及する場所をきちんと残していかなければ、と思いました。 まる。