読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOKYO 3H

小沢あやのブログ

真・東京女子図鑑vol.1 28歳OLが選ぶ街「池袋」。脱がなくたって東京砂漠で生きてます

東京カレンダーのこの記事が話題だ。

tokyo-calendar.jp

 

お、おう。

 

「おいおいこの"28歳OL綾"って中の人絶対おっさんだろ」とみんな総ツッコミの上でその気持ち悪さに笑っていたので読んでみたところ「おいおいおいー! 28歳OLアヤって私じゃーん! 私のことじゃーん!」ということでオマージュブログを書いてみました。正真正銘・ガチの28歳OLアヤです。本名だからー!

 ------------

郊外の私大を卒業して、もうしばらくたつ。28歳になった。OLとして今ではちゃんと自分で稼いで、稼いで……? うーん、よくわかんないけど、ちょっと貧乏な時はブックオフで漫画を売って、ヤバい時は飲み会で「あっ、私今ちょっと手持ちの現金無いからまとめて払っちゃうねーッ!」とか言って気を効かせるフリをして、率先してカードで払ったこともあったかな(笑)。実質利息無しで楽天ポイントも稼げちゃうからね(笑)! カジュアルに友達って言っていいのかよくわからないけどフワフワfacebookで繋がっているだけの知り合いも沢山できて……学生時代から全然進歩してないって? まぁね(笑) 。

 

そういえば半年前に引越したんだ。

 

もちろん、池袋は、最高に心地いいの。オシャレすぎずハイソすぎず、腐女子もサブカルも、万人を受け入れてくれる街だった。家賃も山手線内にしては、お手頃だしね。社会人生活の序盤を池袋で過ごせたことは本当に幸運だったと思う。お気に入りの飲み屋もできたよ。恵比寿や中目黒と違ってリア充カップルが少ないから、寂しい女一人でも安心して飲める居酒屋が沢山あるしね。ソチ五輪は放送が深夜だったから、ニュースも飲み屋のTVで一人で観たんだ(笑)。お客さんはみんな一人客で、変な常連同士の馴れ合いも無いんだけど、真央ちゃんの滑走観た後はみんなおしぼりで涙拭いてた。その時思ったんだ、「私、池袋なら一人でも大丈夫かも!」ってね。 下北沢や高円寺が、「夢持ってる奴全員マイメン」な街だとしたら、池袋は「吉野家のカウンター」的な空気があったからね。 殺伐としてるけど、自分以外にも一人の人が沢山いる感じが安心したの。気がついたら6年も住んでた。池袋が好きなあまりに、池袋内で引越すること3回。とんでもないブクロンダリングだよね。私の中では今も長瀬が「ブクロサイコー!」って叫んでるんだ(笑)。

 

私、池袋が大好きなの。

 

IT企業に転職した27歳頃からね、某渋谷のてっぺんにあるリア充の巣窟・某キラキラIT企業勤務の男性と飲む機会もあったりして。そのときに「どこに住んでるの?」って必ず聞かれるじゃない? 「池袋」って言った時の男性の「ブクロ(笑)」っていう語尾の含み笑い。「池袋だって、渋谷から埼京線で2駅だよ(笑)!」って言ったら、「埼京線は流石に2駅ルール適用外かな。っていうか、遠いし(笑)。っていうか渋谷のホームとかほぼ恵比寿じゃね?」とか言われたりもした。

 

10代のうちに三茶とか恵比寿とかに住んで毎日やたらスタバでカフェラテを飲んでinstagramに空と内股で撮った足元の写真をアップするタイプの「ゆるふわな女」気取ってせめてインターネット上でだけでもモテてみたかったけど、池袋ってゆるふわっていうよりなんだか少しごった煮っていうか、「ハードコア臭」がするみたい。

 

えっと、ちょっと事情があって引っ越したけど、池袋大好きだからもう最後まで池袋の話していい?

 

そびえ立つサンシャイン60、その奥に鎮座するお城みたいな『アニメイト』、ノスタルジックなロサ会館、西口のキャバクラ街を抜けると現れる立教通りの落ち着き……全てを受け入れてくれる街という印象が心を捉えているんだよね。 

 

歩いている人も、どこか抜け感があるっていうか……うーん、抜け感っていうか、抜けてる人も多いように思う。あっ、こうやって母体を大きくして語るとインターネットでは叩かれるかな(笑)。そもそも常に女として準備万端って感じだとちょっと怖いじゃない? いつ脱いでも恥ずかしくないように体も身だしなみもオールOKって女性って、何だか少し怖い気がする。「あ……今日脱げない……」って日が結構あるっていうか毎日でもいいんじゃない? マインドの問題だってことはわかるんだけど、そんなカジュアルに脱ぐことある? そもそも、その貞操観念ちょっと問題じゃない? ちょっと気持ち悪くなってきたからもうブログ一旦しめるね。すみませーん! お会計お願いしまーす! あっ、私今ちょっと手持ちの現金無いからまとめて払っちゃうねーッ! (楽天カードをスッと出しながら)

 

(完)